「1~2秒しか見えない標識は道路交通法に不適合」、地裁が交通違反を無効に

2019年4月4日 14:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 神戸地裁が、「道路標識が見えにくかった」という理由で交通違反の処分を無効にする判決を出した(FNN PRIME)。

 この標識は兵庫県西宮市の県道82号線に設置されていたもので、ほぼ直角のカーブにあり、また竹の葉で隠れてしまうためほとんど見えないという。

 神戸地裁はこれに対し、時速40キロで走行した場合、標識を認識できるのは1秒から2秒で、道路交通法に適合していないと指摘、処分を無効とする判決を言い渡した。

 スラドのコメントを読む | 日本 | 法廷 | 交通

 関連ストーリー:
警視庁、反則金未納や出頭に応じない交通違反者524人を逮捕 2018年06月29日
英国の交通取締用のカメラがWannaCryに感染、交通違反切符の取り消しを行う事態に 2017年07月01日
違反切符を切られやすい車種がある? 2014年10月04日
信号無視を取り締まるための監視カメラが原因で衝突事故が増加? 2012年12月03日
米国に「監視カメラを監視するカメラ」登場 2012年09月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。