米映画業界の収益、2018年は大幅に増加 Netflixなどのサービス好調も一因

2019年3月25日 22:03

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 全米映画協会(MPAA)のレポートによると、2018年の米国内の興行収入は「Black Panther」や「Incredibles 2」のなどの大ヒットにより、7%増の119億ドルと過去最高記録を達成した。世界の興行収入についても411億ドルにまで押し上げたという。単に興行収入が増えただけでなく、世界のホームエンターテイメント事業が16%増加し、557億ドルに達したことも分かった。

 ホームエンターテイメント事業の増加は主にNetflixやAmazon Prime、その他のサブスクリプションサービスの人気が要因となっている。一方で米国ではDVDとBlu-rayといったディスクメディアの売上は15%減の58億ドル、国際的には14%減の73億ドルにまで減少した。それでも、ホームエンターテイメント事業の売り上げ増加は、ディスクメディアやレンタルの減少のギャップを埋めるのに十分役立っている。

 さらに、2018年は初めてオンラインビデオ契約数がケーブルテレビを上回ったという。ケーブル契約数は2%減の5億5,600万件となったとしている(VarietySlashdot)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 映画 | ビジネス | インターネット | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
米国の2018年音楽産業収益レポート、ストリーミング配信収益の増加が続く 2019年03月07日
Samsung、米国市場向け4K Blu-rayプレーヤーの生産終了 2019年02月19日
アフリカでストリーミングメディアの普及と市場の拡大が始まる 2019年01月10日
全米映画協会、アップローダ「Hotfile」を提訴 2011年02月11日
米でブロードキャスト・フラグに裁判所が「待った」 2005年05月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNetflixAmazon Primeサブスクリプション

広告