日本精化<4362>のフィスコ二期業績予想

2019年3月23日 23:00

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*23:00JST 日本精化<4362>のフィスコ二期業績予想
※この業績予想は2019年3月10日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

日本精化<4362>

3ヶ月後
予想株価
1,200円

化粧品原料などを幅広く扱う。医薬・農薬等の精密化学品、工業用化学品なども。環境にやさしい天然原料を主要事業とする。19.3期3Qは前期に続き工業用製品が好調で増収2桁増益。家庭用製品も採算改善し堅調。

19.3期通期予想は増収増益へ上方修正。化粧用機能原料、医薬用リン脂質の販売が堅調。原料価格の高騰、設備投資償却負担増などを吸収。20.3期は5%程度の増収計画を予想。株価は緩やかな上昇基調を予想。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/28,200/3,000/3,250/2,200/92.64/24.00
20.3期連/F予/29,500/3,100/3,300/2,250/94.75/24.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/03/10
執筆者:HY《CN》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース