大阪メトロ、多数の誤訳指摘で外国版Webページの公開を休止

2019年3月22日 12:34

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

大阪メトロは18日、外国語版Webページの公開休止を発表した(大阪メトロの発表読売新聞オンラインの記事朝日新聞デジタルの記事毎日新聞の記事)。

発表には「メンテナンスのため」とのみ記載されているが、各社報道によると機械翻訳が駅名などを文字通りの意味で翻訳してしまっていたことが原因らしい。たとえば英訳で「堺筋→Sakai muscle」「天下茶屋→World Teahouse」などの誤りが指摘されていたそうだ。

同社では昨年9月からMicrosoftの自動翻訳機能を用い、閲覧時に英語・中国語・韓国語・タイ語の4か国語へ翻訳できる仕組みを導入していたという。ただし、Internet Archiveに保存されているトップページのスナップショットを見る限り、言語を選択すると翻訳済みの各国語ページへ移動する仕組みのようだ。

英語版トップページのスナップショットをみると、ちゃんとした英文になっている部分はほぼないようで、日本語交じりになっている部分もある。中には「80系転用車両→80 transfer train」や「メトローサ あさしおばし→Asashi metoros aunt and」のように斬新な表現もみられる。 

スラドのコメントを読む | idleセクション | 日本 | マイクロソフト | 変なモノ | idle

 関連ストーリー:
Google翻訳が世界の終末とイエス・キリストの再臨を予言? 2018年07月22日
Facebookの自動翻訳の誤訳による誤認逮捕がイスラエルで発生 2017年10月28日
Bingの翻訳サービスで「ダーイシュ」を「サウジアラビア」と訳してしまうトラブル 2016年09月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース