台湾発・黒糖タピオカミルク専門店「幸福堂」が原宿エリアに初上陸

2019年3月21日 21:56

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 台湾発の黒糖タピオカミルク専門店「幸福堂」が日本に初上陸。2019年4月下旬から5月の間に、東京・原宿エリアにオープンする予定だ。

 「幸福堂」は、2008年に台湾にオープンした、伝統的な製法で作る黒糖タピオカミルク専門店。本場・台湾では、店頭でグツグツと黒糖とタピオカを煮込んでいるので、周囲には甘い幸せな香りが漂っているという。また2018年以降は、北米やアジア圏に進出し、現在世界中で60店舗以上のショップを構えている。

 そんな「幸福堂」のタピオカドリンクは、その美味しさのみならず、アートのような美しい見た目も人気の秘密。ピンクのタピオカに、ミルクや抹茶を重ねたドリンクや、ピンク×オレンジの彩り鮮やかなドリンクなど、美しいカラーコントラストを描くメニューを取り揃えている。

 なお同店の人気メニューは、リッチな味わいながらも甘すぎない王道の黒糖タピオカドリンク。日本でのメニューラインナップは、2019年3月現在公表されていないので、今後のアップデート情報に是非注目してほしい。

【詳細】
黒糖タピオカミルク専門店「幸福堂」原宿エリアにオープン
オープン時期:2019年4月下旬~5月
オープンエリア:原宿エリア

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード台湾