Googleの職種「Level 4 Software Engineer」では女性の方が賃金が高い傾向に

2019年3月20日 22:18

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 Googleは「公平な賃金支払い」を目指し、男女や人種ではなく職務内容によって「アルゴリズム的に」賃金を決定することを目指している。そのためにGoogleが行った分析結果で、同社の「Level 4 Software Engineer」という職種では「男性よりも女性の方が賃金が高い傾向がある」ことが分かったという(Inside GoogleブログTechCrunchNew York Times)。

 Googleはこういった「賃金の不平等」が判明した際に該当する従業員に追加で報酬を支払っており、今年は10,677人の従業員に追加の支払いが行われたそうだが、この対象となった従業員は男性の方が多かったとも報じられている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | Google

 関連ストーリー:
Google、従業員が抗議活動などのために会社のメールシステムを使うことを禁止できるよう当局に求める 2019年01月31日
シリコンバレーのエリートテック企業の従業員の57%以上が労働環境に苦しむ 2018年06月30日
元Googleエンジニア、Googleに差別的な文化があるとして提訴 2018年02月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告