大阪市議会、IE限定をやめるよう求める意見書採択

2019年3月20日 22:26

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

maia曰く、 公的オンラインサービスにおけるIEしばりをやめるよう国に求める意見書が大阪市議会で採択された(毎日新聞提案者のコラム記事)。

 IE限定のオンラインサービスは逐次改修され駆逐されてきたが、電子入札システムに残っている。これは国土交通省が当初開発した電子入札コアシステムをベースに作られており、現在はコンソーシアムが担っているが、そのトップは国土交通省出身者が占めている。よって、国はレガシーなシステムをWeb標準仕様に沿ったものにするよう指導すべきである。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 日本 | インターネットエクスプローラ | 政府

 関連ストーリー:
MSが「IEを友人や同僚に薦める可能性」をユーザーに調査? 2019年03月14日
国会でIE論争 2019年02月27日
MS曰く、IEは技術的負債をもたらす 2019年02月12日
脱IE 10へ向けWindows 8世代のOSにIE 11を提供する方針 2019年01月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード国土交通省