Microsoft、Windows 7向けにDirectX 12との互換性を提供するパッチを提供へ

2019年3月19日 08:51

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Windows向けのマルチメディアAPIであるDirectXの最新版「DirectX 12」はWindows 10専用となっており、それ以前のWindowsでは利用できなかったが、Microsoftはユーザーや開発者からの要望を受け、Windows 7向けにDirectX 12ランタイムを移植することを決めたという(PC WatchMicrosoftのDirectX Developer Blog)。

 ただし、DirectXのすべての機能が利用できるわけではなく、またすべてのDirectX 12採用タイトルがWindows 7で動作するようになるというわけでもないようだ。まずは「World of Warcraft(WoW)」が対応タイトルとなるという。

 スラドのコメントを読む | Windows | ゲーム

 関連ストーリー:
Valve、Linux版のSteam PlayベータにWindows版ゲームサポート機能を追加 2018年08月25日
「Radeon Software Adrenalin Edition 18.1.1」リリース、DirectX9を使ったゲームでの不具合を修正 2018年01月25日
「DirectX 12でパフォーマンスが向上する」というのは必ずしも正しくない 2017年03月13日
DirectX 12が正式発表される。よりGPUに近いローレベルなAPIに 2014年03月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10Windows 7

広告

写真で見るニュース

  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
  • 木星衝突目前のシューメーカー・レヴィ第9彗星 (c) NASA
  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース