ライフ RSS

 

よく寝ると報酬がもらえる「睡眠報酬制度」を導入した企業

2019年3月18日 21:25

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 CRAZYというベンチャー企業が、スマートフォンアプリで社員の睡眠時間を測定し、1週間のうち睡眠時間が6時間を超える日が5日以上あった社員に対し報酬を与えるという「睡眠報酬制度」を導入したそうだ(ITmedia)。

 報酬は社内のカフェや食堂で利用できる「ポイント」として支払われるとのことで、6時間を超える睡眠をとった日が5日間なら500ポイント、6日間で600ポイント、7日間なら1000ポイントを付与する。

 これに参加した社員の睡眠時間が増えたほか、「風邪を引く回数が減った」「睡眠時間の短い人がいた場合、チーム内で仕事の割当を変えるようになった」といった動きが出てきたという。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | 医療

 関連ストーリー:
Netflixの最大の競争相手は睡眠ではなくYouTube 2018年12月14日
心臓にとって最適な睡眠時間は6~8時間、多すぎても少なすぎてもリスク増 2018年08月31日
休日の「寝だめ」は死亡リスクを下げるという調査報告 2018年05月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。