国際 RSS

 

北朝鮮、サイバー攻撃で5億ドル以上を稼いでいたとの試算

2019年3月18日 21:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 北朝鮮のハッカーが世界中の金融機関を狙ってサイバー攻撃を行い不正に金銭を得ていると報じられている(日経新聞Forbes JAPAN毎日新聞)。

 北朝鮮が2017年1月から2018年9月までに少なくとも5億ドル以上をこういったサイバー攻撃で稼いでいたとの試算が出たようだ。また、昨年には国内の仮想通貨取引所のコインチェックが不正アクセスを受け多額の仮想通貨を引き出される事件が発生したが、これにも北朝鮮が関わっていたという。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | インターネット | IT | お金

 関連ストーリー:
北朝鮮の関与が疑われるハッカー集団、WindowsとmacOSの両方をターゲットにしたマルウェアを開発 2018年09月07日
平昌オリンピック開会式を狙ったサイバー攻撃は北朝鮮を装ったロシアによるものだったという説 2018年03月01日
北朝鮮のサイバー攻撃部隊、ターゲットを拡大中 2018年02月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード北朝鮮ハッカー仮想通貨サイバー攻撃