Adobe Shockwabe、4月9日でサポート終了

2019年3月13日 22:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 インタラクティブなコンテンツを作成できる「Adobe Director」で作成したコンテンツを閲覧するためのソフトウェア「Adobe Shockwave」の個人向けサポートが4月9日で終了する(PC Watch)。

 エンタープライズライセンスを契約している法人向けには契約期間終了までサポートが続けられるというが、それも最大で2022年までだという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ソフトウェア | IT

 関連ストーリー:
Firefox 69ではFlashがデフォルトで無効に 2019年01月17日
Chrome 69では再起動するたびにWebサイトごとのFlash使用許可が必要に 2018年08月25日
Shockwaveがサービスを終了 2008年12月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAdobe

広告

広告

写真で見るニュース

  • ポーランドのワルシャワにあるニコラウス・コペルニクスの像。
  • 米月周回無人衛星「ルナー・リコネサンス・オービター 」が撮影した月の裏側 (c) NASA/GSFC/Arizona State University
  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース