ダウンロード違法化対象拡大の混乱続く、リーチサイト規制にも問題

2019年3月12日 08:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 ダウンロード違法化に関する議論が続いているが、現在検討されている著作権法の改正案には著作権侵害サイトへのリンクを集めたようなサイトについても規制を行う内容が含まれているという(高木浩光@自宅の日記:リーチサイト規制の条文にも欠陥 ダウンロード違法化等著作権法改正法案原案)。

 これによると、改正案には「著作権侵害コンテンツへのリンク提供」についても著作権侵害とみなすという条項が含まれており、「著作権侵害コンテンツ」とされる対象として、著作物をそのままコピーして無断配信するようなサイト/サービスだけでなく、「無断転載」や「ライセンス違反での配信」も含まれると定義されているようだ。その結果、「アニメアイコンのTwitterアカウントの一覧リンク集」や「いらすとやのイラストを20点を超えて使用している商用利用のスライド一覧のリンク集」、「剽窃論文の一覧リンク集」、「GPL違反ソフトウェアの一覧リンク集」なども著作権侵害として摘発・刑事罰の対象になるという。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | YRO | 著作権

 関連ストーリー:
DL違法化の範囲拡大に関する文化庁の資料で恣意的なまとめや誤り・問題が多数あるとの指摘 2019年03月04日
自民党総務会、違法ダウンロードの範囲を拡大する著作権法改正案の了承を見送り 2019年03月02日
DL違法化に対し研究者や弁護士らが懸念を示す緊急声明を出す 2019年02月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権侵害

広告