日韓経済人会議、今年後半に延期 両国関係影響

2019年3月12日 08:38

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 日本による朝鮮半島植民地時代の元朝鮮女子勤労挺身隊員ら被害者に対する日本企業への韓国大法院(最高裁)の賠償命令判決が日韓の経済人の間にも影を落としている。

 原告らは韓国内の三菱重工業の商標権や特許権などの差し押さえを今月7日、ソウル中央地裁に申し立てた。

 こうした状況を踏まえ、日韓経済協会と韓日経済協会(韓国)は「厳しい両国外交関係に鑑み」、5月にソウルで予定していた「日韓経済人会議を今年後半に延期する」と11日までに発表した。

 日韓経済協会はHPで「これまで50年にわたり毎年、日本と韓国において交互に開催されてきた(日韓経済人会議は)第51回目となる本年は『激動の世界経済における韓日協力』をテーマに準備を進めており、両国協会による共同事業についても計画を推進中」とし「良好な日韓関係を維持・発展させることが両国の利益に合致するとともに、地域ならびに世界の安定と繁栄に不可欠である旨を(昨年10月)表明した」と立ち位置を説明。

 そのうえで、徴用工をめぐる問題に対し、日韓経済協会は「韓国政府に対して、日本企業の正当な経済活動が保護されるよう適切な措置が取られることを要望している。日本政府にもそうした韓国政府の措置が確保されるよう対応が講じられることを要望している」と日韓両国政府に適切な対応を要望している。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
三菱重工業の韓国内の資産差し押さえへ手続き
慰安婦問題、日韓合意の着実な実施求める 菅氏
徴用工問題、日韓関係へ悪影響に懸念深まる
日韓外相会談、意思疎通緊密にする重要性で一致
対日で文大統領発言に最大野党院内代表が懸念

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード韓国三菱重工業