日清オイリオグループ<2602>のフィスコ二期業績予想

2019年3月10日 10:42

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:42JST 日清オイリオグループ<2602>のフィスコ二期業績予想
※この業績予想は2019年2月23日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

日清オイリオグループ<2602>

3ヶ月後
予想株価
3,800円

家庭用食用油で国内トップ。日清オイリオとリノール、ニッコーの経営統合で設立。ミールや加工食品、化粧品原料等も製造、販売。19.3期3Q累計の利益は会社計画を上回った。主力の油脂・油糧、加工食品がけん引。

19.3期は大豆ミールの伸長が続く見込み。菜種ミールと油脂・加工食品は値上が寄与。ファインケミカルは化粧品原料と食品・化学品が堅調に推移。株価はPBRは1倍以下と割安。下値を切り上げながら戻りを試す。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/357,000/11,000/11,500/8,000/234.35/70.00
20.3期連/F予/374,000/11,550/12,050/8,400/246.11/70.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/02/23
執筆者:NI《CN》

広告

広告

写真で見るニュース

  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
  • 2018年4月25日に公開された詳細な銀河系の立体地図 (c) ESA
  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース