なでしこジャパン、イングランドに完敗 女子サッカー米国遠征

2019年3月6日 11:31

小

中

大

印刷

 5日(現地時間)、アメリカ・フロリダ州タンパで女子サッカーのシービリーブス杯最終戦が行われ、なでしこジャパンはイングランドと対戦、0-3で完敗した。

 日本はスペースのケアが散漫となったところを突かれ前半だけで3点を奪われ、後半の反撃もイングランドの厚い守備を崩せずに完敗した。日本はこの大会での優勝は逃したが、集中力などの課題が露出し、6月のワールドカップ1次リーグで同じ組となるイングランド相手に修正点を確認する機会となった。

 前半12分、イングランドは日本のロングパスをカットすると、テイラーからのダイレクトパスを受けたスタニフォースがドリブルで切り込みDFをかわしてのシュートが決まり、先制する。前半23分、イングランドはスルーパスに反応したテイラーがDFを振り切りクロスを送ると、フリーのカーニーがヘッドで合わせて追加点となる。前半30分、イングランドはウォルシュからの前線へのフィードに抜け出したミードが右サイドに切れ込み、ドリブルでDFをかわしながらのシュートが決まり3点目を奪う。

 後半開始から日本は一気に4人を投入し、局面の打開を図る。日本は横山久美、長谷川唯、鮫島彩などの切り込みから何度か好機を得るも、リスクを負わないイングランドの安定した守備に攻撃を阻まれ無得点に終わった。

関連キーワードサッカー