日本の家庭用ルーター、57%が脆弱な状態 Avastスキャン調査結果

2019年3月3日 15:57

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 セキュリティソフトウェアを手がけるAvastによると、日本の世帯の29%が1台以上の脆弱なデバイスを保有しているという(Avastの発表)。また、日本の家庭用ルーターの57%が脆弱な状態なのだそうだ。

 日本の家庭で使用されているスマートホームデバイスの84%は、パスワードなどの認証が脆弱だったり二要素認証を使用しておらず、また16%がパッチをセキュリティ修正パッチを適用していないという。

 脆弱なデバイスとしてはプリンターが42%と最も多く、続いてネットワーク機器(37%)、メディアストリーミング端末(13%)、防犯カメラ(5%)、NAS(1%)が続いている。

 この調査は、Avastのセキュリティソフトユーザーが同ソフトに搭載されている「Avast Wi-Fi Inspector」というネットワークスキャン機能を使って収集したデータを元に集計しているという。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ

 関連ストーリー:
家庭で使われている無線LANルータの83%に脆弱性、米NPO調査 2018年10月10日
国内メーカー4社の無線LANルーターのサポート期間、多くが不明瞭 2018年04月02日
脆弱性が見つかったコレガの無線LANルーター、2019年までのサポートをうたっていたにも関わらず突然サポート打ち切りに? 2018年03月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードセキュリティWi-Fi(無線LAN)Avast

広告