レジ袋、全国一律で有料化義務付けを検討

2019年3月1日 23:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 政府が全国一律での「レジ袋有料化」を検討している(テレビ朝日日経新聞共同通信)。

 政府の中央環境審議会が22日、使い捨てプラスチックの排出量を2030年までに25%削減する方針を決定した。レジ袋有料化の義務付けもこの「プラスチック資源循環戦略案」に含まれているという。いつから有料化を行うかについては明示されていないとのことだが、早ければ2020年にも行われるという。

 昨今ではプラスチックによる海洋汚染問題に関する議論が広がっており、この問題に対する日本政府の姿勢をアピールしたいという背景もあるようだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 日本 | 地球 | 政府

 関連ストーリー:
ネスレ、プラスチック製ストローの全廃などプラスチック廃棄物への取り組みを加速 2019年01月25日
京都府亀岡市、プラスチック製レジ袋の提供を禁止する条例を制定へ 2018年12月17日
マイクロプラスチックの主要汚染源は化学繊維であり、洗濯機である 2018年09月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。