Intel関係者、2020年にもARMプロセッサ採用のMacが登場

2019年2月26日 22:31

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 AppleのiPhoneやiPadといった製品にはARMベースのプロセッサが使われている一方、現行のMacではIntelのプロセッサが採用されている。しかし、Intelは今後AppleがMacでもARMベースのプロセッサを採用するのではないかと見ているようだ(GIGAZINEForbesAppleInsiderAXIOS)。

 Intelの担当者によると、2020年にもAppleはARMベースのMacを発売するのではないかと見ているそうだ。Appleは単一のコードベースからiOS向けのアプリケーションとmacOS向けのアプリケーションを同時に提供するための技術を近いうちにリリースするとも見られているが(過去記事)、これもARMベースのMacに向けた布石になっているという。

 Appleは最新のiPad Proで採用しているA12Xプロセッサについて「市場にある92%のモバイルノートより高速」などと言及しており(PC Watch)、すでに単純な演算性能ではARM系プロセッサとモバイル機器向けIntelプロセッサが近づいているというのも背景にあるようだ。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | ビジネス | ハードウェア | Intel | アップル

 関連ストーリー:
Apple、2021年にiOSとmacOSでアプリを統合か 2019年02月25日
ARMが新コア「Cortex-A76」(Enyo)を発表、「Skylakeの9割」の性能があると主張 2018年06月04日
PegatronがARMベースのMacBook製造を受注したらしいとの報道 2018年05月31日
Appleが早ければ2020年にもMacのCPUを自社設計に切り替えるとの報道 2018年04月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードiOSAppleiPhoneiPadMaciPad ProIntelARM