物体の影から元の物体の姿を予測再現する技術 米大学が開発

2019年2月21日 14:49

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 壁などに映った物体の影を撮影した画像から元画像を再現するという技術が開発された(朝日新聞Scientific AmericanNature論文要旨)。これによって、カメラからは死角の位置にある物体を可視化できるという。

 この技術は米ボストン大の研究チームが開発したもので、デモ動画では完全ではないものの、ある程度元画像を推測できる形で画像を再現できている様子が確認できる。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | テクノロジー | グラフィック

 関連ストーリー:
検閲された画像を機械学習アルゴリズムで復元する DeepCreamPy 2018年11月06日
Googleが人工知能を使った超解像技術を開発、8×8ドットの画像から32×32ドットの画像を「復元」 2017年02月09日
ドワンゴが投稿されたイラストの閲覧数を予測する技術を公開 2015年11月05日
警察庁、加齢による風貌の変化を予測するシステムを研究中 2013年01月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース