Samsung、米国市場向け4K Blu-rayプレーヤーの生産終了

2019年2月20日 10:10

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 米国では動画ストリーミング配信サービスの普及が進んでおり、そのためBlu-rayなどの物理的な映像メディアを使ったコンテンツ販売市場が縮小しているという。これを受けて、韓Samsungは米国でのBlu-rayプレイヤー販売から撤退していく方針だそうだ(CNETEngadget Japanese)。

 Samsungによると、今後同社は米国市場ではBlu-rayプレイヤーの新製品を投入しない方針だという。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ビジネス | テレビ | ハードウェア

 関連ストーリー:
4K放送録画機の互換性問題 2019年02月18日
アフリカでストリーミングメディアの普及と市場の拡大が始まる 2019年01月10日
米国でのケーブルテレビ利用者減、5Gも一因か 2018年08月21日
UHD Blu-ray対応ドライブが発売されるも、利用のハードルは高い 2017年01月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード4KSamsungBlu-ray

広告

財経アクセスランキング