セルシードは劇的な急反騰、臨床治験の結果を受けた売り一日で消化

2019年2月19日 11:01

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■目標未達は1月のサンバイオに続くケースのため冷静に受け止められた様子

 セルシード<7776>(JQG)は2月19日、急速に切り返し、朝方の710円(56円安)を下値として10時前には12%高の855円(89円高)まで上げて急反発となっている。18日のストップ安からも劇的な急反騰となった。

 2月15日の夕方、「食道再生上皮シートに係る治験結果のお知らせ」などを発表し、副作用の発生はなく、問題は認められなかったが、一方で統計的な優位性が証明されなかった、などとした。そして、同時に発表した12月決算では、今期・2019年3月期の連結業績見通しを売上高3.0億円(前期は10.3億円)、親会社株主に帰属する当期純利益を11.0億円の赤字(前期は1.3億円の黒字)などとしたため、翌取引日の18日はストップ安となった。

 新薬候補の臨床試験結果が目標未達となって株価が急落した例は、18年5月のブライトパス・バイオ<4594>(東マ)、19年1月のサンバイオ<4592>(東マ)の4日連続ストップ安の例がある。セルシードの場合はこれらに続く形になり、冷静に受け止められたようだ。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは戻り歩調、19年3月期は2Q累計が計画超の大幅増収増益で通期業績・配当予想も上方修正(2018/11/12)
巴工業は調整一巡して戻り歩調、18年10月期利益横ばい予想だが再増額余地(2018/11/12)
エランは明9日の3Q決算発表を前に通期業績再上ぶれ期待を高め下げ過ぎ訂正の続伸(2018/11/08)
メディシノバは続落もMN-166の臨床治験進展でバイオ株の逆行高特性を期待して突っ込み買いも交錯(2018/11/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース