非正規労働者2120万人 全体の37.9%に

2019年2月19日 09:46

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 総務省が18日までに発表した2018年労働力調査「2018年平均速報値」で役員を除く雇用者5596万人のうち、正規労働者3476万人、非正規労働者2120万人と非正規労働者が占める割合が37.9%になっていることが分かった。

【こちらも】続く正社員不足、情報サービス業で顕著に

 非正規労働者のうち、男性が669万人。このうちの19%が15歳から24歳までで占められ、25歳から34歳まで(12.4%)を含めると15歳から34歳までで31.4%を占めている。

 女性は1451万人。このうち10%が15歳から24歳までで、25歳から34歳まで(12.5%)を含めると15歳から34歳までで22.5%になっている。

 非正規で就労している男性の127万人、女性の129万人は「正規の職員・従業員の仕事がないから」正規に就けず非正規で働いている。

 収入では正規の男性の場合、300万円から399万円が最も多く全体の19.8%を占め、次いで400万円から499万円で18%を占めた。女性の場合では200万円から299万円が28.1%で最も多く、次いで300万円から399万円の23.7%だった。

 一方、非正規では男女ともに100万円未満が29%、44.1%と最も多く、199万円までが全体の57.6%、83.2%を占めていた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
高すぎる国保料、共産提案含め議論を
パートタイム労働組合員7.3%増加。一般組織率は低下傾向
70歳までの就業機会の確保へ 安倍総理

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード総務省非正規

広告

広告

写真で見るニュース

  • (画像: ブルーパドルの発表資料より)
  • 東急プラザ渋谷のイメージ(東急不動産発表資料より)
  • MINIの生誕60周年記念特別仕様車「MINI 60 YEARS EDITION」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 惑星探査機カッシーニからみた土星 (c) NASA
  • 広島駅ビルの外観イメージ(JR西日本発表資料より)
  • スマート・EQ Fortwo(画像: ダイムラーの発表資料より)
  • (c) 123rf
  • 「OrCam MyEye2(オーカムマイアイ2)」の装着イメージ。(画像:オーカムテクノロジーズの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース