「ヱビス プレミアムエール」、エビスバーで樽生にて先行販売開始

2019年2月19日 12:28

小

中

大

印刷

(画像: サッポロライオン発表資料より)

(画像: サッポロライオン発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 サッポロライオンは19日、全国に展開するYEBISU BAR(ヱビスバー)の18店舗で、「ヱビス プレミアムエール<樽生>」を数量限定にて発売した。「ヱビス プレミアムエール」は、サッポロビールが2月26日より発売する新商品で、缶ビールとして提供される。サッポロライオンでは、ヱビスプレミアムエールの発売を記念して、いち早く、樽生としてヱビスバーで提供する。

 日本のビヤホールは、「惠比壽ビヤホール」がその始まりで、1899年(明治32年)にエビスビールを紹介するビアレストランとして日本麦酒(現:サッポロビール)が銀座の新橋寄りにオープンした。この店舗がサッポロライオンの発祥となっており、「ビヤホールライオン銀座七丁目店」に往時の面影を見ることができる。その後、サッポロライオンでは、現在に至る120年間、上質のビール提供を通して、「JOY OF LIVING-生きている喜びの提供-」に努めている。

 ヱビスプレミアムエールは、柑橘がさわやかに香るカスケードホップを一部使用した上面発酵で作られた、濃密な香りを醸したビールで、ヱビスらしいリッチなコクのある仕上がりとなっている。ヱビスプレミアムエールのさわやかな香り、コクが生む余韻は、ヱビスバーの雰囲気にマッチするものとなっている。

 ヱビス プレミアムエールが提供されるヱビスバーは、首都圏で12店舗、北海道に1店舗、中部・関西エリアで3店舗、広島、福岡で各1店舗が展開されており、これらの店舗でグラス1杯680 円(税別)で提供される。各店舗での提供は、数量限定販売の在庫がなくなり次第終了する。

関連キーワードサッポロビールビール

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース