政府、大手IT企業の監視や規制を行う新組織を設立へ

2019年2月15日 23:23

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

情報元へのリンク  昨年11月、政府が大手IT企業への規制強化を検討しているとの報道があったが、政府・未来投資会議でこういった大手IT企業による情報独占や優越的な地位の乱用を防止するルールづくりを行うことが決まったと報じられている(ロイターSankeiBiz読売新聞)。

 内閣官房内に大手IT企業対策を行う新組織を秋にも発足させる。この組織は調査や監視、法整備や関連政策の調整・立案などを行うという。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | 日本 | ビジネス | Google | Facebook | アップル | 政府

 関連ストーリー:
総務省、海外企業に対しても「通信の秘密」を守らせるよう検討へ 2019年01月22日
政府、大手「デジタル・プラットフォーマー」規制を検討 2018年11月20日
個人を監視している企業はFacebookだけではない 2018年04月04日
EU、Google、Apple、Facebook、Amazonの4社に特別税を課す方針を決める 2018年03月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

写真で見るニュース

  • 「Atmoph Window 2」(画像: アトモフ株式会社の発表資料より)
  • 「19design」のトップページ。(画像:オラクル構想準備室発表資料より)
  • (c) 水木プロダクション 作画:一智和智
  • 「A110S」(画像: アルピーヌの発表資料より)
  • 「スムートート」のセット内容。(画像:Discover発表資料より)
  • 普通席のシート。(日本航空の発表資料より)
  • ライトセイル2号のイメージ。(c) Josh Spradling / The Planetary Society
 

広告

ピックアップ 注目ニュース