2019年2月のWindows Update、元号一文字表記が変更されるトラブル

2019年2月15日 23:43

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Microsoftが2月12日(現地時間)にリリースしたWindows向けの月例セキュリティ更新プログラムをインストールすると、元号のパースに関連する不具合が発生するとのこと(窓の杜Microsoft TechNet「ニッチなPCゲーマーの環境構築」ブログ)。

 この問題は、「元号を含むDateTime型を省略形でパースできない」というもの。元号を管理しているレジストリの値が変更されたのが原因という話も出ている(@mutaguchi氏のTweet)。

 スラドのコメントを読む | Windows

 関連ストーリー:
1月2日にWindows Updateで配信されたExcel 2010向けアップデートに不具合 2019年01月07日
Microsoft、新元号に関連するOffice 2010の更新プログラム2本などを提供中止 2018年11月23日
Windows 10、秋リリースの大型アップデートでは新元号の仮データがレジストリから削除される 2018年09月25日
MSやユニコード、新元号への移行は2000年問題に匹敵する大問題となると指摘 2018年07月30日
Windows 10では今春に新元号「??」が実装される 2018年04月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows Update

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース