富士通、PCワークステーションベースのゲーミングデスクトップPCを発表

2019年2月13日 23:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 富士通が法人向けPCワークステーションをベースとしたゲーミングPCを発売する(Engadget日本版)。

 発表されたのは「ESPRIMO WD-G/D1」という製品で、オンライン直販サイトでの専売となる

 価格や詳細仕様などは未発表だが、CPUはCore i7-8700(3.2GHz、6コア/12スレッド)、グラフィックカードはNVIDIAのハイエンドモデルであるGeForce RTX2080を搭載する。マザーボードはマイクロATXサイズで、筐体もタワー型PCとしては比較的小型だという。

 スラドのコメントを読む | ゲーム

 関連ストーリー:
富士通の子供向けPC、貧弱なスペックが話題に 2018年06月13日
HP、耳をアクティブに冷却するゲーミングヘッドセットを発表 2018年06月02日
AcerがデュアルXeon搭載のゲーミングPC「Predator X」を発表 2018年05月28日
「ゲーミングPC」市場が日本で急拡大 2017年11月20日
PC出荷台数が減少する一方、ゲーミングPC市場は好調との分析結果 2017年01月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード富士通NVIDIA

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース