ロックオン 1Qは売上高が20.0%増、主力のマーケティングプラットフォーム事業が30.5%増

2019年2月12日 17:31

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*17:31JST ロックオン---1Qは売上高が20.0%増、主力のマーケティングプラットフォーム事業が30.5%増
ロックオン<3690>は6日、2019年9月期第1四半期(2018年10-2018年12月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比20.0%増の5.19億円、営業損失が0.26億円(前年同期は0.47億円の損失)、経常損失が0.29億円(同0.46億円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純損失が0.36億円(同0.31億円の損失)となった。

マーケティングプラットフォーム事業は、運用型広告のデータ集約とレポート作成を自動化する「アドレポ」事業をEVERRISEより承継し、自社事業としてサービスを開始した。さらに「アドレポ」を「AD EBiS」と連携させることで、デジタルマーケティング業務の自動化支援に取り組んだ。また、「AD EBiS」の更なる普及を目的として、アドエビスの専門知識を持つパートナー企業認定資格制度「EBiStar(エビスタ—)」をスタートさせた。この結果、売上高は4.60億円(前年同期比30.5%増)と増収になった。

商流プラットフォーム事業では、EC構築のためのオープンプラットフォーム「EC-CUBE」はフリーミアムモデルのオープンソース・パッケージとして提供しており、EC事業者のインフラ整備や売上向上に貢献する一方、「EC-CUBE」と連携する各種サービス(決済代行等)の提供事業者からマージン収入を得るというエコシステムを構築している。当第1四半期連結累計期間においては、「EC-CUBE」の最新版として「EC-CUBE 4」を正式リリースするとともに、「EC-CUBE」の機能を拡充する各種プラグインのリリースにも取り組んだ。この結果、売上高は0.59億円(前年同期比25.9%減)となった。

2019年9月期通期の連結業績予想については、レンジ形式で公表しており、売上高は24.7%~30.2%の22.50~23.50億円、営業利益が0~0.50億円と業績予想を修正している。《MH》

広告

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース