個人投資家中原良太:日本株急落!暴落の予兆か?【FISCOソーシャルレポーター】

2019年2月12日 14:53

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:53JST 個人投資家中原良太:日本株急落!暴落の予兆か?【FISCOソーシャルレポーター】
以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家中原良太氏(ブログ「株式予報」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2019年2月8日19時に執筆

From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

確定申告をしてきました。毎年やっていることなので、だんだんと慣れては来ましたが、やはり、「1年間の成果をまとめる」この時期にはなんだかピリピリします(笑)

YouTube生放送でも「確定申告の準備が大変だ…!」なんて話をしておりましたが、毎年、この時期はバタバタするんですよね(汗)

やっとのことで、今期分の決算はちゃんと締められたので、今年も、これでひと安心です…。ひと仕事終わった(嬉)忙しい時期が一段落したので、ちょっくら、美味しいご飯でも、食べにいこうかしら。。。

とはいえ、

1つバタバタが収まると、別のバタバタが起こるのが人生でして。こんどは株取引が大変ですね。2月8日には日本株が、全面安となっておりまして、日経平均が2%以上も、下落しました。これだけ大きな下落は、昨年12月ぶりくらいなので、2019年1月から比較的好調に推移している日本株にもふたたび暗雲が立ち込めてきました。

僕も、株を売るのが一手遅れたので、見事に被弾しております(泣)
ひとまず持ち株の大半を売って退却してしまいましたが、週明け以降、どうしようかな…。

【本日の資産変動】
2/7:943万0186円
2/8:929万9201円(▲13万0985円)

◆  ◆  ◆

気になるこれからの、相場の先行きを予想します。

2月8日の日本株は、大型株・小型株を問わず全面安でした。僕も全力で株を持っていたので、見事に直撃を喰らいました(泣)僕と同じように「ギャ−−−!!」という思いをした方が、多かった1日ではないでしょうか。

2月8日のように、全面安となった1日は、どう頑張っても損をするので、これはこれで、「仕方がなかった!」と割り切るのも必要です。

これからの相場展望としては、いつもYouTube生放送でも言うように、

日本株市場は、「上がった日の翌日は上がりやすい!」「下がった日の翌日は下がりやすい!」という傾向が強いと分析しています。とくに、この傾向は、週末をまたいだときに、如実に現れています。この現象は「Twist on the Monday Effect」と呼ばれております。

さて、ここまでお話しすれば、僕の投資スタンスは大よそ、ご理解いただけると思います。僕は、2月12日、週明けの日本株市場は、「全体的に下落する1日」と想定しております。

だから、現時点で株を持っていない人は、「週明けには株を買わず、動かない!」というのが正解かと思います。

一方、

現時点で株を持っている人は「週明けに損切りをする!」のが無難かもしれません。損切りするのは気分が良くないですが、損が膨らみそうなときは痛みを伴ってでも、株を売ることも必要だと思います…。

かくいう僕は、2月8日の週末時点で短期保有の銘柄は大方手仕舞ってしまいました。これからはしばらく、相場が復調するまでは動かないでいようかなぁ…。


----

執筆者名:中原良太
ブログ名:株式予報《SF》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース