加賀電子が後場一段高、4Qから富士通エレクトロニクスの連結効果が

2019年2月12日 14:57

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■1月1日付で株式を70%取得し22年1月に完全子会社化の予定

 加賀電子<8154>(東1)は2月12日の後場一段高となり、13時30分過ぎには10%高の2150円(191円高)まで上げて出直り幅を拡大している。2019年1月1日付で、富士通エレクトロニクス株式会社(非上場)の株式を70%取得し、連結子会社とした。第4四半期(2019年1~3月・4Q)から連結効果が加わってくることなどが注目されている。

 2月6日に発表した第3四半期までの累計決算(連結)は、経常利益が前年同期比15%減の60.0億円となったが、通期見通しの80.0億円(前期比8.5%減)は据え置いた。営業利益も含めて通期見通しの75%を確保しており、第4四半期から富士通エレクトロニクスの連結化効果が加わってくることなどが注目されている。

 富士通エレクトロニクスの株式取得は今後も2段階に分けて実施し、22年1月に完全子会社化する予定だ。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは戻り歩調、19年3月期は2Q累計が計画超の大幅増収増益で通期業績・配当予想も上方修正(2018/11/12)
巴工業は調整一巡して戻り歩調、18年10月期利益横ばい予想だが再増額余地(2018/11/12)
エランは明9日の3Q決算発表を前に通期業績再上ぶれ期待を高め下げ過ぎ訂正の続伸(2018/11/08)
メディシノバは続落もMN-166の臨床治験進展でバイオ株の逆行高特性を期待して突っ込み買いも交錯(2018/11/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース