ラクオリア創薬は「創業来初の黒字化」に期待集まり急伸

2019年2月12日 10:31

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■新薬開発が着々と進む印象強まる

 ラクオリア創薬<4579>(JQG)は2月12日、急伸し、取引開始後に23%高の1577円(299円高)まで上げて出来高も急増している。前週末取引日(8日)に2018年12月期決算と中期計画を発表し、今期・19年12月期の通期連結業績見通しを営業、経常、純利益とも黒字の見込みとし、注目が集まった。

 決算短信では「2019年12月期は創業以来初の営業損益の黒字化に向け」などと業績拡大への意欲を示した。19年12月期の通期連結業績見通しは、売上高が前期比2.7倍の20.22億円、営業利益が1.87億円、純利益は1.53億円、1株利益は7.52円。

 開発中の5-HT2B拮抗薬は18年第2四半期に英国で第1相臨床試験を完了し、炎症性腸疾患(IBD)の下痢型過敏性腸症候群(IBS)様症状の改善及びIBSの治療薬として期待出来ることが示唆された。

 「イオンチャネル創薬」は、旭化成ファーマとの共同研究から創出されたP2X7受容体拮抗薬が18年3月にマイルストンを達成し、前臨床段階への移行に伴い新たに旭化成ファーマ社とライセンス契約を締結した。

 韓国の製薬会社に導出した「tegoprazan」(適応症:胃食道逆流症)は18年7月に食品医薬品安全処(韓国、MFDS)より製造販売承認を取得。NERDの適応取得はカリウムイオン競合型アシッドブロッカー(P-CAB)としては世界初になるとした。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは戻り歩調、19年3月期は2Q累計が計画超の大幅増収増益で通期業績・配当予想も上方修正(2018/11/12)
巴工業は調整一巡して戻り歩調、18年10月期利益横ばい予想だが再増額余地(2018/11/12)
エランは明9日の3Q決算発表を前に通期業績再上ぶれ期待を高め下げ過ぎ訂正の続伸(2018/11/08)
メディシノバは続落もMN-166の臨床治験進展でバイオ株の逆行高特性を期待して突っ込み買いも交錯(2018/11/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース