“酷道”と言われる国道157号線の「落ちたら死ぬ!!」看板が撤去

2019年2月11日 14:13

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

shesee 曰く、 国道という名に反して一部の国道の、自然現象に負けた整備状況、狭い道幅、急峻な崖と谷、急カーブ等を揶揄した酷道という名称をご存じだろうか。その中の一つ、岐阜・国道157号線に掲げられた「落ちたら死ぬ!!」という注意喚起の看板は、酷道の状況を一言で示したものとして有名なものであるが、この度老巧化のために撤去されることになった(読売新聞オンラインの記事)。

なお国道157号線は昨年7月の豪雨で路肩が崩壊して現在通行止め、復旧の目処はたっていない。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | 日本 | 変なモノ | idle | 交通

 関連ストーリー:
新宿の新バスターミナル、平日は渋滞が悪化していたにも関わらずその事実を公表せず 2016年10月07日
千葉県君津市の国道410号線上のトンネルで天井のモルタル23トンが剥がれ落ちる 2015年12月24日
襟裳岬のガソリンスタンドをめぐって誤解が誤解を生む状況に 2013年04月06日
南極昭和基地にある「動物注意」の道路標識 2013年02月21日
交差点信号が同時に「青」、プログラムのミス 2009年07月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース