カイパーベルト天体 Ultima Thuleは平べったい形と判明 NASA

2019年2月11日 14:15

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

NASAのニューホライズンズ探査機が1月1日に最接近したカイパーベルト天体2014 MU69(愛称: Ultima Thule)は当初、大小2つの球体が結合した雪だるまのような形をしていると考えられていたが、その後の写真から球体ではないことが判明したそうだ(ジョンズホプキンス大学APLのニュース記事Ars Technicaの記事)。

最初に送られてきた写真は探査機が天体に接近中のものだ。今回の写真は最接近10分後に撮影されたものでアングルが異なり、最初の写真では正面から太陽に照らされているのに対し、今回の写真は横から光が当たっている。そのため、科学者は背後の星が隠される位置から輪郭をトレースした。その結果、結合している大きい方(愛称: Ultima)は巨大なパンケーキを思わせるような形であり、小さいほう(愛称: Thule)はひしゃげたクルミのような形をしていることが判明した。

今後もニューホライズンズ探査機はUltima Thuleの写真を送ってくるが、探査機は現在時速5万kmでUltima Thuleから遠ざかっており、今回の写真は探査機が撮影した最後のUltima Thuleとのことだ。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | スラッシュバック | サイエンス | 宇宙 | NASA

 関連ストーリー:
カイパーベルト天体「Ultima Thule」は雪だるま型 2019年01月06日
NASA閉鎖中にカイパーベルト天体「2014 MU69」のフライバイを実行するニューホライズンズ探査機 2018年12月29日
国境の壁をめぐる対立で予算が成立せず、米政府機関の一部が閉鎖される 2018年12月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNASA