日本社宅サービス<8945>のフィスコ二期業績予想

2019年2月10日 15:00

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:00JST 日本社宅サービス<8945>のフィスコ二期業績予想
※この業績予想は2019年1月25日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

日本社宅サービス<8945>

3ヶ月後
予想株価
850円

社宅中心の管理事務アウトソーシング、社宅関連コンサルティング等を手掛ける。全国約2000店舗の独自ネットワークが強み。社宅管理事務代行事業は堅調。新規受注順調。増収効果で19.6期1Qは2桁営業増益。

施設総合管理事業は売上増。新規受託物件は稼働順調。M&A効果や不動産取引の増加等も寄与。コスト削減サービスは拡大。19.6期通期は2桁増収増益計画。株価指標に割高感はなく、今後の株価は堅調推移想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.6期連/F予/8,900/965/1,005/655/69.37/19.00
20.6期連/F予/9,700/1,060/1,100/700/74.14/22.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/01/25
執筆者:YK《FA》

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース