昆虫が閉じ込められたオパール、インドネシアで発見

2019年2月5日 22:16

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 インドネシア・ジャワ島で、昆虫が閉じ込められたオパールが見つかった。昆虫が入った琥珀というのは比較的珍しくないが、オパールの中に昆虫が閉じ込められているのは非常に珍しいという(ナショナルジオグラフィック)。

 オパールはケイ酸を含んだ熱水が数千年から数百万年かけて固まったもの。その過程で圧力や高温に晒されるため、昆虫が入り込んでさらにそのままの形で保存されることは「到底ありえない」という。偽物とも疑われたが、専門家の調査では本物のオパールとの判断が下されている。そのため、どのような過程でこのオパールが生まれたのか議論になっている。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス

 関連ストーリー:
11億年前の生物に由来する色素が見つかる 2018年07月12日
35億年前の化石から微生物の痕跡が見つかる? 2017年12月23日
羽根で覆われた恐竜の尻尾を含む琥珀が見つかる 2016年12月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードインドネシア

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース