FacebookやGoogleがAppleの規約に違反する個人情報取得アプリを報酬付きで提供

2019年2月5日 09:28

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 FacebookがAppleの規約に違反する形で個人情報を収集するアプリを配布していたそうだ。Facebookはこのアプリの利用者に報酬を支払ってアプリをインストールさせ、本来であれば収集できないような情報も集めていたという(TechCrunch)。

 Facebookは13歳から30歳までのユーザーを集め、月20ドルの報酬や紹介料を支払って「Facebook Research」というアプリをインストールさせていたという。iOSには企業内で利用されるアプリなどをAppStore外で配布する機能があり、Facebookはこれを利用して本来であればAppStoreの利用規約に違反するような行動を行うアプリをインストールさせていたとのこと(recodeEngadget JapaneseGIGAZINESlashdot)。

 また、Googleも同様の手法でAppleの規約に違反するアプリを配布していたという話も出ている(TechCrunchCNET Japan)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | Facebook | IT | プライバシ

 関連ストーリー:
Google Playで配布されている無料アプリの約9割がサードパーティによるトラッキングを導入している 2018年10月31日
Facebook、端末メーカー60社以上にFacebookユーザーの情報を取得できるAPIを提供していた 2018年06月08日
EUの一般データ保護規則(GDPR)が施行、GoogleとFacebookがさっそくGDPR違反として提訴される 2018年05月29日
Twitter、「Facebookの個人情報を不正入手していた企業」にデータを提供していたことを発表 2018年05月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFacebookGoogleiOSApple

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース