客の表情や感情に合わせAIが音楽を演出する「HUMANOID DJ」 エイベックスなど開発

2019年2月3日 11:14

小

中

大

印刷

「HUMANOID DJ project -ANHD零号機」のビジュアルイメージ(画像:エイベックス発表資料より)

「HUMANOID DJ project -ANHD零号機」のビジュアルイメージ(画像:エイベックス発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 ネイキッド(東京都渋谷区)は1月31日、エイベックス・エンタテインメント(東京都港区)と、AIを活用して新コンテンツを開発するプロジェクト「HUMANOID DJ project(ヒューマノイド・ディージェー・プロジェクト)」をスタートさせたことを発表した。先端技術と音楽が融合した新たなカルチャーアイコンの創出を目指すという。

【こちらも】感情認識AIで即時に運転者の表情を分析、CAC「Automotive AI」提供開始

 「HUMANOID DJ」は、AIが音楽をコントロールするバーチャルアーティストとなる。会場内の観客の表情からAIが性別、年代や感情の変化を解析し、観客の属性や感情と音楽がシンクロした空間を演出する。プロトタイプとして開発された「HUMANOID DJ project-ANHD零号機」が、現在開催中のアートイベント「FLOWERS BY NAKED2019-東京・日本橋-」に導入されている。

 「五感で楽しむ『日本一早いお花見』」と題する同イベントでは、メインエリアとなる「大桜彩」の音楽演出をHUMANOID DJ projectが担当している。会場内に「HUMANOID DJ project-ANHD零号機」が設置され、カメラによって読み取られた情報をもとにAIが来場者の性別、年代などの属性や表情を分析、来場者の感情に合わせて会場内の音楽がリアルタイムに変化する。

 同プロジェクトを手掛けるネイキッドは、映画、広告、テレビ、インスタレーションなどさまざまなメディアやジャンルでクリエイティブワークに携わってきた。近年ではプロジェクションマッピングをはじめ、技術やアート、演出を組み合わせた、光による空間演出を行っている。2012年に東京駅のプロジェクションマッピングをプロデュースしたことでも知られる。今回のプロジェクトでは、音楽事業を手掛けるエンターテインメント企業、エイベックス・エンターテイメントと共同で開発を行う。

 HUMANOID DJは、クラブやコンサートホールでのイベントの他、ホテル、レストラン、商業施設などで、空間を演出するアーティストとして活動していく予定。ネイキッドとエイベックス・エンターテイメントは、今後もビジュアルや機能を拡張し公開していくとしている。(記事:Kei_T・記事一覧を見る

関連キーワード人工知能(AI)ネイキッドエイベックス・グループ

広告

広告

写真で見るニュース

  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
  • 車の鍵を失くした場合は、焦らず冷静に対応することが重要である。
  • 大型低温重力波望遠鏡KAGRA (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース