FirefoxもサードパーティーDLLをブロックへ

2019年1月24日 16:22

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 一部のセキュリティソフトや各種ユーティリティツールでは、ブラウザの挙動をコントロールするためにダイナミックリンクライブラリ(DLL)をブラウザのプロセスに読み込ませる行為(「DLL injection」)を行うものがあるが、Firefoxが安定性やセキュリティ、プライバシ強化のためにこういった行為を禁止するという(ghacks.net)。

 すでにGoogle Chromeでは2018年にサードパーティによるDLL injectionをブロックしている。Googleによると、DLL injectionによってChromeのクラッシュ数が15%ほど増加することもわかったそうだ。

 現在、Nightlyビルドでこの設定が導入されており、一般向けには3月リリース予定のFirefox 66でこの機能が有効になる模様。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Firefox | IT

 関連ストーリー:
WindowsアプリのインストーラのDLL読込み脆弱性、Microsoftは自社製品を修正せず 2018年05月22日
Skypeのアップデート機能にDLLハイジャッキング脆弱性が見つかる 2018年02月17日
ウイルス対策ソフトウェアをマルウェアに変える攻撃「DoubleAgent」 2017年03月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleChromeFirefox

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース