東証1部の中小型株から新興市場への資金シフト継続か/後場の投資戦略

2019年1月24日 12:26

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;20506.81;-86.91TOPIX;1547.10;+0.07

[後場の投資戦略]

 前日の米国株式市場が上昇したのにも関わらず、本日の日経平均は一時プラスに転じる場面もあったがマイナス圏での推移が中心となっており、これは米国市場でNYダウのけん引役となった米IBMの上昇分が前日の東京市場で既に織り込まれていたものとみられる。来週から始まる国内企業の決算ラッシュを前に主力大型株に対しては利益確定の動きが出やすくなるなか、TOPIX型ETFの買い入れ比率変更に対する期待がいったん剥がれ落ちたことで、目先は東証1部の中小型株に向かっていた資金がマザーズやジャスダックなどの新興市場へとシフトしやすい地合いが続こう。《AK》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • WAKAZEの定番商品ラインナップ(画像: WAKAZEの発表資料より)
  • 土星探査機カッシーニが明らかにしたタイタン北半球の海や湖 (c) NASA/JPL-Caltech/Univ. Arizona/Univ. Idaho
  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース