1月23日のNY為替概況

2019年1月24日 06:10

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*06:10JST 1月23日のNY為替概況
 
 23日のニューヨーク外為市場でドル・円は、110円00銭まで上昇後、109円40銭まで反落し109円60銭で引けた。

米国の11月FHFA住宅価格指数の伸びが予想を上回ったほか、米国企業の好決算を好感し、ドル買い・円売りが優勢となった。

ユーロ・ドルは、1.1351ドルまで下落後、1.1394ドルまで上昇して1.1385ドルで引けた。

ユーロ・円は、124円94銭まで上昇後、124円61銭へ反落。_NEW_LINE__
ポンド・ドルは、1.3014ドルから1.3081ドルまで上昇した。英国の予想を上回る指標に加えて、英国の議会が無秩序な離脱を回避するため、離脱延期の方針を固めているとの報道が引き続きポンド買いにつながった。

ドル・スイスは、0.9986フランへ上昇後、0.9940フランまで下落した。

[経済指標]

・米・11月FHFA住宅価格指数:前月比+0.4%(予想:+0.3%、10月:+0.4%←+0.3%)・米・1月リッチモンド連銀製造業指数:-2(予想:-2、12月:-8)

    《KY》

広告

財経アクセスランキング