(中国)上海総合指数は0.12%高でスタート、景気テコ入れ策などを好感

2019年1月21日 10:40

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:40JST (中国)上海総合指数は0.12%高でスタート、景気テコ入れ策などを好感
21日の上海総合指数は買い先行。前日比0.12%高の2599.06ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時37分現在、0.34%高の2604.76ptで推移している。政府の景気テコ入れ策などが引き続き好感されている。また、米中通商協議の進展期待も支援材料。ただ、本日日本時間午前11時ごろに18年の国内総生産(GDP)などが発表される予定となり、慎重ムードがやや強まっている。《AN》

広告

写真で見るニュース

  • (画像: ブルーパドルの発表資料より)
  • 東急プラザ渋谷のイメージ(東急不動産発表資料より)
  • MINIの生誕60周年記念特別仕様車「MINI 60 YEARS EDITION」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 惑星探査機カッシーニからみた土星 (c) NASA
  • 広島駅ビルの外観イメージ(JR西日本発表資料より)
  • スマート・EQ Fortwo(画像: ダイムラーの発表資料より)
  • (c) 123rf
  • 「OrCam MyEye2(オーカムマイアイ2)」の装着イメージ。(画像:オーカムテクノロジーズの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース