Google、EU著作権指令発効後の検索結果画面予想図を作成

2019年1月20日 18:58

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

近く最終的な条文が発表されるとみられるEU著作権指令だが、発効した場合にGoogleの検索結果画面がどのようになるか、Googleが作成したサンプルをSearch Engine Landに提供している(Search Engine Landの記事The Next Webの記事The Vergeの記事Android Policeの記事)。

EU著作権指令の11条ではGoogleやBingなどのニュースアグリゲーターに対し、コンテンツのスニペットを表示する場合は放棄不可能なライセンス料の支払いを義務付けている。これに大手パブリッシャーは賛成しているが、小さなパブリッシャーはライセンス料を自主的に放棄できるような文言修正を求めているそうだ。Googleでは全世界で8万以上のニュースパブリッシャーすべてとライセンス契約を結ぶことは困難であり、大手が得をすることになると反対している。

サンプルではスニペットや画像がないだけでなく、記事タイトルも省略され、サイト名とURLの一部が並ぶ検索結果になっている。著作権指令に賛成する大手パブリッシャーはこのようなシナリオを想定していないようだが、過去にドイツやスペインでライセンス料支払いを義務付ける法律が成立した際、Googleはドイツでスニペットを非表示化スペインではGoogle Newsをサービス停止したため(過去記事)、パブリッシャーはトラフィック減に苦しんだという。

その後、ドイツではパブリッシャーがスニペットを無料でライセンスすることに合意したが、スペインでは現在もGoogle Newsアプリが提供されていないようだ。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | EU | ニュース | IT

 関連ストーリー:
Webサイトブロッキングに反対するスウェーデンのISP、Webサイトブロッキングで当局の調査対象に 2018年12月31日
欧州議会、著作権関連規則の改正案を否決 2018年07月09日
EUにおける著作権関連法の改正案、「リンク税」は成立となるか 2018年06月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権ドイツGoogleAndroidBingスペイン

広告