宇野澤組鐵工所<6396>のフィスコ二期業績予想

2019年1月19日 21:52

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*21:52JST 宇野澤組鐵工所<6396>のフィスコ二期業績予想
※この業績予想は2019年1月8日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

宇野澤組鐵工所<6396>

3ヶ月後
予想株価
2,300円

風水力機械メーカー。ドライ真空ポンプや送風機・圧縮機が主力。オフィスビル賃貸も行う。採算の良い部品販売や修理を強化。昨年4月に稼働した新生産管理システムを活用、コスト削減を徹底へ。19.3期2Qは足踏み。

19.3期は1Qの大型スポット案件が貢献。上期から期ズレの大口案件は下期の計上を見込む。中国の需要減退によるFDP関連向け製品の鈍化をこなし、増収増益へ。連続増配。PERの割安感が株価を下支えする展開か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3単/F予/5,300/450/460/300/271.56/40.00
20.3単/F予/5,500/470/480/310/280.62/45.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/01/08
執筆者:JK《FA》

広告