新興プランテック<6379>のフィスコ二期業績予想

2019年1月19日 21:44

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*21:44JST 新興プランテック<6379>のフィスコ二期業績予想
※この業績予想は2019年1月8日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

新興プランテック<6379>

3ヶ月後
予想株価
1,400円

石化プラントなどの設計から保守までを行う総合エンジニアリング会社。東南アジアに向け、ベトナムに事業所開設。主要顧客であるJXTGグループのエンジ子会社と19年7月に経営統合し、社名は「レイズネクスト」に。

19.3期はプラントの定期修理工事が増加。強靭化対策工事や改造・改修工事の需要も強い。資材高や労務費上昇、外注費増を原価低減や経費削減で吸収。増収増益へ。増配。株価は経営統合への期待から堅調な展開を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3連/F予/97,000/7,000/7,300/4,800/103.83/42.00
20.3連/F予/135,000/9,000/9,300/5,800/125.21/42.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/01/08
執筆者:JK《FA》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース