Google Playで公開するAndroidアプリの64ビット対応必須化、詳細が発表

2019年1月19日 21:28

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Googleは15日、Google Playで公開するAndroidアプリの64ビット対応必須化の詳細を発表した(Android Developers Blogの記事Neowinの記事BetaNewsの記事9to5Googleの記事)。

対象となるのはネイティブコードを使用するアプリで、32ビット版に加えて64ビット版を提供する必要がある。JavaやKotlinのみで書かれたアプリを変更する必要はないが、SDKやライブラリを使用している場合は要確認だ。また、現在のところ64ビットコードをサポートしていないWear OSやAndroid TVにのみ対応するアプリや、Android 9 Pie以降に提供しないアプリについては対象外となる。なお、32ビットサポートに対するポリシーの変更はなく、32ビットデバイスには今後もアプリを提供していくとのこと。

2019年8月から64ビット対応が必須となることは2017年に発表されていたが、今回はさらに詳細なスケジュールが出ている。まず、2019年8月1日以降、ネイティブコードを使用する新しいアプリとアップデートのすべてが32ビット版に加えて64ビット版を含めることが必須になる。ただし、Unity 5.6またはそれ以前のバージョンを使用する既存のゲームについては、2021年8月まで32ビット版のみをアップデートも受け付ける。2021年8月1日にはUnity 5.6またはそれ以前を使用するものを含め、64ビット版を含まないアプリはGoogle Playで64ビットデバイスに提供されなくなるとのこと。

アプリ開発者に対しては、APK Analyzerによるネイティブコードの確認、64ビットアーキテクチャーの有効化、SDKやライブラリの更新などが求められている。SDKやライブラリの提供者に対しては、アプリ開発者が対応する時間をとれるよう、なるべく早く64ビット対応版を提供し、それを開発者に知らせるよう求められている。Unityを使用するゲームのみ猶予期間が設けられたのは、メジャーなゲームエンジン(Unreal、Cocos2d、Unity)の中でUnityが64ビットサポートを追加した時期が遅かったためとのことだ。

 スラドのコメントを読む | デベロッパーセクション | デベロッパー | Android

 関連ストーリー:
Google Play開発者サービス、Ice Cream Sandwichのサポート終了へ 2018年12月11日
Google Chrome、Android Jelly Beanのサポートを近く終了か 2018年10月10日
Google Playで新規公開/更新するアプリ、最新APIをターゲットにすることが必須に 2017年12月23日
iOS 11では32ビットアプリのサポートが打ち切りになる 2017年06月07日
Apple、iOSアプリに対し64ビット対応を義務付けへ 2014年10月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroidGoogle PlayAndroid 9 Pie

広告