中国・月面での超小型バイオスフィア実験、夜に入って実験終了

2019年1月19日 21:30

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

月の裏側に着陸した中国の嫦娥4号着陸機には重慶大学が開発した超小型のバイオスフィア実験装置が搭載されており、ワタの種子を発芽させることに成功していたが、着陸地点が夜になったことで実験は終了となったようだ(新華網の記事The Registerの記事重慶大学のニュース記事)。

この装置は直径173mm、高さ198.3mmのアルミニウム合金製で、実験用生物としてはワタのほかアブラナやジャガイモ、シロイヌナズナの種子とキイロショウジョウバエの卵、酵母の6種類が搭載されている。水や土、空気、温度調整装置、記録用カメラを含む総重量は2.608kg、内部のスペースは1リットルほどだという。4種の種子のうちワタとアブラナ、ジャガイモは人間の生活に必要な作物となるために選ばれ、シロイヌナズナは成長の早さから選ばれたとのこと。

装置は着陸初日の3日から稼働し、7日にはワタの種子の発芽が確認される。植物栽培実験国際宇宙ステーションでも行われているが、地球以外の天体上で植物の種が発芽するのは世界初だという。しかし、12日には地上から装置にシャットダウンコマンドが送られ、電源が切られる。現在、着陸地点は夜になっており、電源の切れた装置内部は氷点下52度に達するため、内部の生物はすべて凍ってしまったとみられ、実験も終了となった。

新華網の記事では夜になって着陸機がスリープモードに入ったと書かれているが、装置にはバッテリーも搭載されているため、この時点でなぜシャットダウンしたのかは不明だ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | バイオテック | サイエンス | 中国 |

 関連ストーリー:
中国の月面探査機「嫦娥四号」、人類史上初めての月裏側への軟着陸に成功する 2019年01月07日
中国、12月8日に月最大のクレーターに探査機を投入予定。植物育成が可能などを調査 2018年12月08日
国際宇宙ステーションで枯れそうになっていたヒャクニチソウ、回復して花を咲かせる 2016年01月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国国際宇宙ステーション(ISS)

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース