国内外の注目経済指標:日本の貿易収支は3カ月連続で赤字計上か

2019年1月19日 14:41

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:41JST 国内外の注目経済指標:日本の貿易収支は3カ月連続で赤字計上か
1月21日−25日週に発表予定の主要経済指標の見通しについては以下の通り。

■23日(水)午前8時50分発表予定
○(日)12月貿易収支-予想は−353億円
参考となる11月の貿易収支は−7377億円。また、12月上中旬分の貿易収支は−6256億円。11月の輸入額は前年比+12.5%となった。エネルギー価格の上昇によって輸入額は前年同期比で大幅に増加した。12月については、前年比で輸出減、輸入増となることから、貿易収支は3カ月連続で赤字となる見込み。

■23日(水)決定会合の終了予定時刻は未定
○(日)日本銀行金融政策決定会合-予想は金融政策の現状維持
短期の政策金利を−0.1%、長期金利である10年物国債金利を0%程度に誘導する金融緩和策(長短金利操作)の現状維持が賛成多数で決定される見込み。12月の金融政策決定会合では、「世界経済の先行きについては、不透明感が高まりつつある」などの意見が出ていた。世界経済の成長減速への懸念が広がっているものの、現行の金融政策は当面維持されるとみられる。

■24日(木)午後6時発表予定
○(欧)1月マークイットユーロ圏総合PMI-予想は51.3

参考となる12月実績は51.1と、前月の52.7から低下。サービス部門のPMIが予想を下回ったことが要因。フランスにおける反政府デモの影響もあったようだ。12月時点で製造業部門における新規受注は落ち込んでおり、1月については製造業・サービス部門の需要減少が続くとみられていることから、総合PMIは市場予想をやや下回る可能性は残されている。

■24日(木)午後9時45分結果発表予定
○(欧)欧州中央銀行理事会-予想は主要政策金利は据え置き
主要政策金利の据え置きが全会一致で決定される見込み。ECBのドラギ総裁は昨年12月開催の理事会終了後の会見で、「域内の物価圧力をさらに高めるとともに中期的な総合インフレ動向を後押しするため、大幅な金融刺激が依然必要となる」との見方を伝えている。ECBは利上げを急がない姿勢を改めて表明するとみられる。

○その他の主な経済指標の発表予定
・21日(月):(中)10−12月期国内総生産
・22日(火):(欧)1月ユーロ圏ZEW景気期待指数易収支、
・24日(木):(独)1月マークイット製造業・サービス業PMI《FA》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース