動物の死骸を食べるウサギも存在

2019年1月19日 12:39

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 草食動物とされるノウサギの一種が動物の死骸を食べている姿が観測された(ナショナルジオグラフィック)。

 観測されたのはカナダ・ユーコン準州。この地域に生息するカンジキウサギは、植物を食べることが難しくなる冬の間に肉を食べることで栄養を補給しているという。時にはほかのウサギの死骸を食べることもあるようだ。

 草食動物が肉を食べる例としては、ほかにもホッキョクジリスがレミングを捕食することが観察されているという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス

 関連ストーリー:
人類繁栄は、肉食によってもたらされた 2012年04月24日
「草食系」のクモが発見される 2009年10月15日
恐竜を食べていた哺乳類の化石が発見される 2005年01月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードカナダ

広告

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース