NY原油先物は反発、米国内の石油掘削装置の稼働数が大幅に減少

2019年1月19日 08:21

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:21JST NY原油先物は反発、米国内の石油掘削装置の稼働数が大幅に減少

NYMEX原油3月限終値:53.80 ↑1.73

18日のNY原油先物3月限は反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は前日比+1.73ドルの53.80ドルで通常取引を終えた。米中貿易摩擦解消期待が強まり、需要鈍化懸念が大きく後退した。同時に、米国内の石油掘削装置の稼働数が大幅に減少し、供給過剰懸念も後退した。《TN》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 渋谷パルコのイメージ(竹中工務店提供、パルコ発表資料より)
  • プロキシマケンタウリを周回するプロキシマケンタウリbのイメージ図。(c) ESO/M. Kornmesser
  • 黄金チーズと贅沢4種ハムのピザ。(画像:フォーシーズ発表資料より)
  • 「マツダ ロードスター RF」(画像: マツダの発表資料より)
  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース