NY原油先物は反発、米国内の石油掘削装置の稼働数が大幅に減少

2019年1月19日 08:21

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:21JST NY原油先物は反発、米国内の石油掘削装置の稼働数が大幅に減少

NYMEX原油3月限終値:53.80 ↑1.73

18日のNY原油先物3月限は反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は前日比+1.73ドルの53.80ドルで通常取引を終えた。米中貿易摩擦解消期待が強まり、需要鈍化懸念が大きく後退した。同時に、米国内の石油掘削装置の稼働数が大幅に減少し、供給過剰懸念も後退した。《TN》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • マークX特別仕様車 250S
  • 1992年までわんぱくランドで稼働した「お城観覧車」(バンダイナムコアミューズメント発表資料より)
  • WAKAZEの定番商品ラインナップ(画像: WAKAZEの発表資料より)
  • 土星探査機カッシーニが明らかにしたタイタン北半球の海や湖 (c) NASA/JPL-Caltech/Univ. Arizona/Univ. Idaho
  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
 

広告

ピックアップ 注目ニュース