ディーゼル・ガソリンエンジンで熱効率50%を達成 

2019年1月18日 23:14

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 慶応義塾大学や京都大学、早稲田大学などの研究者らがトヨタ自動車などと協力して進める「革新的燃焼技術」プロジェクトが、乗用車用のガソリンエンジンおよびディーゼルエンジンで熱効率50%以上を達成したと発表した日経新聞Response日刊工業新聞)。

 現在一般的な乗用車のエンジン熱効率は40%程度だが、プロジェクトではガソリンエンジンで51.5%、ディーゼルエンジンで50.1%の正味最高熱効率を達成したという。

 熱効率50%を達成するため、ガソリンエンジンでは超希薄燃焼、ディーゼルエンジンでは高速空間燃焼といった技術を使い、さらに機械摩擦損失の提言やターボ過給システムおよび熱電変換システムの効率向上などを組み合わせているそうだ。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | 交通

 関連ストーリー:
マツダがHCCIエンジン搭載車を2018年度末に販売、世界初の量産化 2017年01月10日
ジェットエンジンの専門家が開発した熱効率の良い鍋「Flare Pan」 2014年07月15日
エンジンの熱効率を従来の倍に向上させる新理論 2013年07月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車京都大学早稲田大学

広告