乃木坂46が目指したもう一つの頂点が見えてきた 舞台『GirlsRevue』

2019年1月18日 19:50

小

中

大

印刷

 乃木坂46が、アイドルとしての活動と並行して目指してきたのが、舞台でどこに出しても成立するような実力をメンバーたちが身に着けること……というのは、ここで何度も繰り返してきたことではあるのだが、いよいよその最終形態の第一歩が始まったと感じさせてくれたのが、現在上演中の『GIRLS REVUE』といえるだろう。

【こちらも】乃木坂46 和田まあや、緊張の初舞台で得たものは?

 この舞台は、もはや乃木坂演劇隊のエースといっていい伊藤純奈に樋口日奈、期待の実力派鈴木絢音に、先日卒業したTHE・舞台女優の能條愛未という、現在乃木坂で考えられる最強の舞台人を集めたもので、演技あり、歌あり、ダンスありのレビューショーとなっている。

 これまで、生田絵梨花、桜井玲香や若月佑美、生駒里奈などが主演を務めた舞台もあるが、彼女たちは、「アイドルがお芝居もやっている」という偏見を、その努力と実力で跳ね返し、多くの演劇ファン、あるいは他の俳優のファンからも認められるところまで乃木坂の評価を高めてくれることに成功した。

 また多くのメンバーが外の舞台で腕を磨く一方で、『じょしらく』『すべての犬は天国に行く』『乃木坂版セーラームーン』などの乃木坂メンバーをメインにした舞台でも評価を高め、経験を共有し、個人のみならず、グループ全体としての演劇に対する意識を高めることに成功している。先日紹介した初舞台の和田まあやや、現在初舞台に挑戦中の中村麗乃なども、メンバーの助言に助けられ、背中を押されたことを発言している。

 そして、今回の『GIRLS REVUE』は、乃木坂メンバー4人が主役となり、アイドルとしての強みを活かしたレビューという形で、演技・歌・ダンスを堪能できる、ある意味完成されたショーとなっている。

 普段の舞台では禁止されているサイリウムをふっての応援もできるようになっており、ファンも一層盛り上がれるのだ。もう、アイドルが舞台をやっているのか、舞台女優がアイドルをやっているのか、その境目などとっぱらって、演者も観客も思いっきり楽しめる素敵な……そう、本当に素敵な時間が拡がっていた。

 この形が定着すれば、今後、さらにいろいろなメンバーが、少人数で全国の劇場を満員にするようなツアーも組めるかもしれない。

 現在、アイドル界は先日のNGTの事件が海外メディアでも報じられるなど、いろいろな意味で岐路を迎えている。乃木坂のこの挑戦が、アイドル界そのものに新風を吹き込むようなインパクトになることを願ってやまない。(記事:潜水亭沈没・記事一覧を見る

関連キーワード生駒里奈生田絵梨花乃木坂46伊藤純奈樋口日奈若月佑美和田まあや能條愛未

広告

写真で見るニュース

  • TORQUE G04。(画像:KDDI発表資料より)
  • 「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」(画像: 日清食品の発表資料より)
  • ジャガー「XE」2020年モデル。(画像: ジャガー・ランドローバー・ジャパンの発表資料より)
  • Mazda3のオーディオシステム。(画像: マツダの発表資料より)
  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
  • BMW 330e iPerformance(画像: BMWの発表資料より)
  • 「ポルシェタイカン」ナルドでのテスト風景(画像:ポルシェ ニュースルーム発表資料)
  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
  • アストンマーティンから誕生する初SUVは、多くの自動車ファンの関心を集めそうだ(画像: アストンマーティン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース